子育てをしてみると、昔からずっとあるのに、
自分たちが利用してこなかったために、
便利さに気が付かなかった社会の機能に、
改めて気が付かされることがあります。

ひとつはファミレス。
土曜日の昼は大手回転寿司チェーン店、
日曜の朝は大手ファミレスチェーンのバイキング、
昼は大手中華系ファミレス。

大きな駐車場、ゆったりしたボックス席、
短い料理提供時間、アニメキャラクタの器、など
子供に特化したサービスが心地よいのです。


もう一つ、真夏になって急に検索したもの「じゃぶじゃぶ池」。
おむつが取れていないムスメは公共のプールに入れないので、
自宅のビニルプールで済ませようと思っていましたが、
先日の福島巡業での出来事を見て、
同様の施設がないか探してました。

そこで昨日、境川遊水地公園に行ってきました。


HPの写真で想像したより、実際はこじんまりとしています。
管理が行き届いている印象を受けました。
裸足で走り回っても安心。





水はとても冷たいので、日射は強烈でしたがとても過ごしやすく。
(妻いわく、テントの中にいるほうがツライとのこと。)


ムスメは水が湧いてくる所が気に入った様子。
歳上に混じりながら、キャッキャと楽しそう。




後半は水の中で寝そべったり、
座ったりすることが出来るようになりました。




予想を大きく上回り、2時間も遊びました。




こうした場所は、真夏の話題としてメディアで取り上げられますが、
その理由がよくわかった気がします。

ムスメよ、次回はボールや水鉄砲、
金魚すくいセットなどたくさん持っていくからね。


Secret