上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失意の湘南国際マラソン(ハーフ)から2週間。

✳失意の理由
①非公認コースであることを知った
②20km地点のコース閉鎖


昨年から参加している足立フレンドリーマラソン(ハーフ)に参加しました。
大会名はファンレースみたいですが、
由緒正しき陸連公認大会です。




今年こそ90分切りを目指していましたが、
今シーズンのハーフも最後のつもりでしたので、
(結果としてもう一度走ることにしたのですが)
目標は手堅く『自己ベスト更新』としました。

といっても、毎年身を削ってトレーニングし、
本番と定めたレースで力を出しきった結果なので、
年々更新が難しくなっています。


本番レース会場に向かう電車の中では、いつも弱気になります。
自宅に引き返して、ムスメと公園に
に行こうか、と。



会場である荒川の天候はくもり、風弱く、気温は一桁。
暑がりの僕にとっては願っても叶わないほど、絶好のコンディション。

スタートラインでは腹をくくりました。
強気で走ろうと。


昨年ぐらいから、トレーニングと疲労の残り方が分かってきて、
本番レースで良いパフォーマンスが発揮できるようになってきました。
自分の場合、疲労の抜けかたが早いので、あまり休みすぎると切れが無くなる。


スタート直後の2km。
混雑も緩和されてきて、いよいよマイペースを合わせるために時計を何度も確認。
ここで大体の調子が分かります。
設定ペースだと辛いのか、ちょうど良いのか?

今回は調子が良いと分かり、いよいよ気持ちがノッてきまして。


15kmまでは辛いけど設定よりも早いベースを維持。
ラスト5kmは昨年同様向かい風。
重くなってきた脚と苦しくなってきた呼吸を押さえ込み、
ペースダウンを最小限にできました。


結果、見事に自己ベスト更新!
昨年のタイムを30秒近く更新できました。

加えて、帰宅して調べたら
2012年、絶好調の妻が記録したベストを越えることが出来たようです。





ただし、欲は尽きません。
90分切りならずとも、90分台で走りたい。

実はフル本番の別大の2週間前に、
ハーフをエントリーしています。
別大に近すぎるのでキャンセルしようと思っていましたが、
切れを維持する良い調整と考え、
今一度ベスト更新を狙おうと思っています。


本厄である2015年のレースはこれにて終了。
マラソン大会に始めて出場したのが、
2008年の11月、よこすかシーサイド(ハーフ)でした。
あのときは、1時間55分でした。

丸7年が過ぎましたか。
ムスメを授かり、彼女は3歳になりました。

もう少しだけ自分自身にチャレンジしてみようか。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。