2/7別府大分マラソンに向けて、順調にトレーニングしてきました。
年末年始からトレーニング強度を上げて、
日曜日に30kmのマラソン大会でピークとして、
徐々に疲労を落としていく予定でした。

先週末から疲労が強く、木曜に鍼灸院で張りをとってもらい、
金曜の夜に疲労の確認をするため、軽いjogをしました。

鍼治療のおかげで股関節の滑らかな動きが戻って、
とてもいい感じでしたが、途中から左足の甲に鋭い痛みを感じました。

始めは気のせいかと思いましたが、終了後も痛みは引かず。

不安なので、今日の朝イチに整形外科を訪れました。



レントゲン撮影の結果、
疲労骨折には至っていないとのことでしたが、
その手前の症状「疲労性骨膜炎」のようです。
練習し過ぎのランナーに発症しやすいようです。

痛みが改善するまで安静がセオリー。
悪化すると骨折に至るそうです。

やはりトレーニングの強度はギリギリだったようです。
別大に向けて計画変更が必要なので、
残念ではありますが、やり過ぎた自分を誇らしくもあります。


2,3日で改善しない時には、ディションにも影響しそうなので、
別大を諦めて、3週間後の東京マラソン(5度目の当選をしています!)を本番にしよう思います。


ランができないおかげで、三連休はたくさん遊べますよ。


Secret