ずいぶん遡ることになりますが、冬休みの一日、ムスメをのりのりさんに託して、行ってきました。

森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢展」。



五百羅漢展といえば数年前にも、増上寺のものを見たことがあります。
五百羅漢展


村上隆の五百羅漢図も実はこの増上寺のものがベースになっているとのことです。


館内は撮影自由。

金色にそびえ立つのは「宇宙の産声」。

これまで、いわゆる「現代アート」と言われるものは苦手だと思っていたのですが、村上作品は非欧米的というのか、オリエンタリズム?というのか、見ていて疲れないというか、とてもしっくり来る気がします。
そして音声ガイドで聞いたこの言葉も、鑑賞の助けになりました。

「無意味こそこの世の真理である。
作品の内容とタイトルに関連はない。
見る人が深読みしようとした時にその思いは拒否されず、より奔放に意味内容を妄想できる。それが醍醐味」。

さて、いよいよ五百羅漢図へ。


高さ3m、全長100mのこの迫力。

もちろん500人の羅漢さんたちは微細に描き分けられています。




漫画っぽい。
解説によると、村上氏は「漫画家になりたかったけど、才能がなくて諦め、芸大に進んだ」のだそうです。

私が羅漢さんの中で特に好きなのは、

ラゴラまたはラーフラと言う名前のこちら。
お腹を開いて心の中にいる仏さまを見せている、とても印象的な姿です。
ラゴラの仏像も各地の寺院にはあるそうで、一度見てみたいと思っています。

この五百羅漢図は、東日本大震災時に多大な支援を表明したカタールへの感謝として、ドーハで初めて公開されたそうです。
カタールへの人々は羅漢さんを見てどう感じたのでしょう。

五百羅漢は五百の苦しみを癒すともいうそうですが、癒しというよりは元気をもらった感じです。
ついでに言うと作品とは関係ないのですが、音声ガイドの声と語り口があまりに素敵で何度も聞き返してはうっとりしていたので、余計元気になったのかも。
案内を見ると声の主は俳優の斎藤工さんでした。おばちゃん、すっかり虜よー。


久しぶりのおひとりさまランチも堪能。


その頃ムスメは…、




のりのりさんに、感謝。(今年は若冲も見たいな~。)




Secret