年度末に大きな影響を受けないはずの業務なのですが、
去年と同様に、忙しい感じがします。

ただ、昨年とは中身がだいぶ違っています。
転職して1年半が過ぎましたので、自分で考えて行動できるようになっているので、
個人的な感覚として、非常に充実しています、

平日の睡眠時間が不足気味の生活です。
通勤時間が長いのと、ランニングトレーニングを押し込んでいることが要因です。
いずれも本質的な問題なので、仕方がないので納得しています。


昨日も20時過ぎまで会議があり、帰宅が22時。
普通なら「明日はゆっくり寝るか」と考えるでしょうが、
予め作成しておいた【持ち物リスト】を利用してちゃっちゃと準備し、就寝。

4時間の睡眠(=仮眠の練習)で始発の電車を乗り継ぎ、
まだ薄暗い箱根湯本駅にバスで到着したのが6時30分。

20160305204003400.jpg

通勤電車内でトレイルランニングの計画をするのが、最も幸せな時間です。
今回は箱根湯本~金時山の箱根メジャールートから足柄峠側に向かい、
ロードトレーニングで何度も世話になっている足柄峠を通過し、
トレイルをつないででJR山北駅の「さくらの湯」を目指す33㎞の少しハードなプランです。
ワンウェイなので、入浴後の着替えなどを全て背負っていくので、極端に荷物を制限しました。

おかげで、帰りの電車内は短パンでした。(3日前に42歳になったおじさんです)


話は戻って、トレイルラン。湯本から尾根筋である「塔ノ峰(566m)」まではひたすら登り。

◆塔ノ峰 スタート(湯本駅)から1時間16分
20160305204835254.jpg

舗装道を経由し、勾配が急な上りでもう一段高い尾根へ。
大文字焼きで有名な「明星ケ岳(923m)」に到着。ガスが濃くなってきました。

◆明星ケ岳 塔ノ峰から35分
20160305205007860.jpg


宮城野分岐付近まではガスがたちこめて神秘的でしたが。。
20160305205723822.jpg

晴れてきて、雲海のように美しい風景を左手にみながら、
刈り込まれた走りやすい尾根道を爽快な気分で走ることができました。

20160305205610883.jpg

20160305205553850.jpg


明神ケ岳(1169m)到着。
雲海がなければ大涌谷も見えるそうですが、これはこれですばらしい。

20160305210448677.jpg

ハイカーの方に撮ってもらいました。
20160305210401109.jpg


火打石岳、矢倉沢峠を経由し、日本300名山である箱根の名峰「金時山(1212m)」に到着。
気温が上がってきたので、最後の上りはかなり脚にきました。

◆金時山 明星ケ岳より67分
20160305210918831.jpg

富士山がきれいに見えました。すばらしい。
20160305210848706.jpg


ここで10分ほど休憩し、足柄峠側へ。

ここは2009年4月のマラニックイベントで妻と二人で走っています。
終了後、妻はグロッキーになったっけ。

妻が大嫌いな、しかも巨大なカエルに遭遇した「カエル沼」は健在でしたが、
皆さんはお留守のようでした。
20160305211624782.jpg


◆足柄峠 金時山から38分
見慣れた風景なので写真なしです。。

かなりへばっていたのと、トレイルの分岐が多く、地図とにらめっこしながらのランだったので、
ここからの写真はなしです。
矢倉岳(870m)の付近を通過するトレイルはなかなかご機嫌なコースでした。


21世紀の森という、
とても微妙な総合公園のような場所を通り過ぎ、洒水の滝へ抜ける林道(一部舗装)を通り抜け、
走りなれた山北町の道路を経由しJR山北駅に到着。

◆山北駅 足柄峠から1時間28分 


本日のまとめ

走行距離 32km
トータル 5時間5分
累積高度 1838m


今週42歳になりましたが、今年も肉体を絞りあげて、今回のようなミニトッリップを楽しみたい。

楽しかったです。


Secret