2016.04.10 入園式
昨日、幼稚園の入園式に出席してきました。

プレで1年間通った幼稚園なので想像はしているようですが、
朝から少し落ち着かない様子でした。




初夏の陽気でした。
ワンピース、似合いますよ。




クラスを確認しました。
妻曰く、プレで同じだった子たちの配属から
クラス編成に対する園側の意図を想像すると、
ムスメのクラスは『お元気なグループ』だそうです。


クラスに入り、持参したハンカチとか靴袋とか、
名前の書かれた所定の場所に置いていきます。





入園式は親一人が子供に付き添い、残りは後ろの席から。
3歳児だけでなく、2歳児の保育園児もいたので、
式が始まっても会場のざわめきが収まるはずもなく。

女性の園長さんはさすがに慣れているのか、
挨拶も子供目線で時間も短めでした。

次に来賓を代表して組織上の偉い人(はっきり書けません)。



これが驚くほど退屈で、長い。
一時退席者が多数いても、ヤジ(いつまで続くのー)を受けても
ビクともしないのに感心しました。




直後、副園長さんが手慣れた様子で子どもたちの感心を
ステージに戻しました。さすが!


その後、先生たちの紹介。
ムスメの担任は数少ない男性でした。ヤヤイケメン。
誰かに似ている・・・この人です。
私生活まで似ていないことを祈るばかり。

元衆議院議員 宮崎先生


式が終わり、クラスに別れて宮崎先生から簡単なガイダンス。
妻は先生の話に聞き入ってましたが、
僕はムスメの挙動が気になって観察してました。


男の子が遊んでいたトーマスが気になっていて。




ようやく貸してもらったようです。



返して、と懇願する気の弱そうな男の子を無視するムスメ。




次は新幹線のおもちゃを男の子から取り上げて
小競り合いを始めたので僕が仲裁した直後。



小競り合いした男の子二人を押しのけて、
おもちゃを探そうとするムスメ。


僕が見る限り、娘は集団生活にも臆することは無さそうですが、
父に似てやや気が強そうですから、やや心配ではあります。







ムスメよ、幼稚園で感じた色んな事を父に話して聞かせてね。





夕方、二人でカステラとジュースで花見しました。
帰りはおんぶで寝てしまいましたね。


Secret