2016.07.01 おたふく風邪

先週の木曜日、金曜日と発熱で幼稚園を休んだムスメでしたが、

週末には回復し、

日曜日は金沢自然公園へ。

この日とうとう、私と一度も手を繋がないで上まで来ました。

初めて来たのがいつだったか忘れましたが、

その時は当然何ひとつ一人では出来ませんでした。

いやー、そのうち両手放しでジャングルジムの上を歩いたりするのでしょうか。

この後動物園にも行き、

レストランでいつものお子さまランチを平らげ、

元気になって何より、と思っていたら。

月曜日の早朝、布団の中で「おかあさーん」と言うムスメを抱き寄せると

まー、ぐらぐら沸いているやかんのような熱。

心なしか、顔が腫れています。

私も風邪の時に顎下のリンパ腺が腫れるから、それと同じか。

だっておたふく風邪のワクチンは接種済みだし…。

嫌~な予感と共に小児科に行くと

「ワクチン打っていてもかかる子はかかりますから」と看護師さん。

一般とは隔離された診察室へ通されました。

ワクチンのおかげで軽度ではありますが

(その為、先生も診断が難しいようでした)、

おたふく認定が下され、登園禁止と相成りました。

軽度なので熱はすぐ下がり、腫れも言われなければ分からないほどでしたが、

何が辛いと言って食欲も元気も有り余っているのに外出できないこと。

長い1週間でした。

ようやく腫れもすっかり引いて、登園許可証も貰えました。

ムスメもさっそく「公園でストライダー乗りたい!」

良かった、良かった。

一件落着。

とは行きません。

今回慌てて実家に問い合わせたところ、

のりのりさんは罹患済み。

私はワクチン接種も罹患歴もなし。

!!

「大人がかかると顔に陣痛が来たみたいに痛いらしい」と

小児科の先生に言われたことが、頭から離れない毎日です。

Secret