のりのりさんが「ハセツネ」に出場するため連休は留守にするということで、

母娘で大阪に帰省してきました。

幼稚園の創立記念日なども合わせていつもより長めに滞在したので

友人宅訪問やら父の墓参りやら、盛りだくさんで過ごしました。

ムスメを連れてのレジャーとしては、

気候が良くなったら行こうと思っていた奈良公園へ。

動物への餌やりが大好きなムスメですが、

相手は柵越しの山羊・羊や、起きているのか寝ているのか分からない穏やかなカピバラとは違って、

活動的で観光客馴れしている奈良の鹿たちです。

囲まれたら泣くかも?

奈良駅を降りて東大寺方面へまっすぐ進むと、すぐに鹿さんたちの群れと

鹿せんべい売りのパラソルが見えてきます。

いつもより、やや腰が引けています。

1頭にやっていると、別のがやってきてつつかれます。

肘と握った手に力が入りっぱなし。

こんなバンビちゃんでも、子どもの目線で見るとかなり大きいですもんね。

ムスメは泣きはしませんでしたが、「怖い~」「もう帰りたい~」の泣き声が

そこここで聞こえました。

腰が引けながらも鹿せんべいを四束もやったムスメは

少し放心したような顔をしていました。

大人で言うとお化け屋敷とかジェットコースターとか、

ちょっとスリルのある遊びの後のような気分だったのでしょうか。

これで帰ると言い出すかと思いましたが、

意外や、東大寺も興味深そうに見て歩きました。

ふだん幼稚園では神さまに親しんでいますが、

仏さまにも関心があるのか、あれ(白毫)は何?あれ(化仏)は誰?と聞いていました。

ムスメよ、一緒に寺社巡りできる日を楽しみにしていますよ。

ただ、一番ムスメが楽しそうだったのは

境内の川の飛び石渡り。そこはやはり、父親譲りの様子です。

Secret