2017.07.27 夏の地方巡業
夏休みです。
まずは一大イベントである夏の地方巡業(ムスメを祖父母たちのもとに連れて行く)が無事終わりました。

毎回帰省する度に、ムスメとの移動が楽になってきたと感じます。
新幹線で泣いている赤ちゃんなど見ると、懐かしくて可愛くて仕方ありません。

「新横浜から名古屋まで、泣き続けるムスメをデッキで抱っこしていたな」とのりのりさんは新幹線に乗るたび思い出して言います。
そんな経験も一度だけだったし、今やひとりで大人しく座っていてくれます。

さて、大阪では、プールやら友人宅訪問やらよく遊び、


チャッカリ新しいぬいぐるみなど買ってもらい、
旅先特別ルールで甘いものも摂り放題で過ごしました。

昨年の浴衣が小さくなったからと、私が子どもの頃着ていた物を出して貰いましたが、

なかなか着る機会のないのが残念です。

翌週、福島へは金曜日に母娘だけで前乗りしました。


リュックには大阪で買ったもらった黒猫さん、
カゴバッグには何やら細々としたものを詰めていました。
私とふたりだと張り切って荷物を持ちますが、のりのりさんがいるとすぐに「抱っこ~」となり、帰りは私が持つことになるかばんたちです。

福島は屋内遊戯施設が充実していて、真夏でも真冬でも遊びに行く先に困りません。

こちらはご近所伊達市のスマイルパークほばら。




他に、赤ちゃんも遊べるコーナーや、室内砂場もあります。



すべて利用料無料。
有難いことですが、これも原発事故の影響だと思うと皮肉な話です。

おじいちゃんのお家では、「家庭菜園」というには余りに規模の大きい畑での収穫が朝夕の楽しみでした。



食事の度にきゅうりのお漬け物を何本分食べたことか。
甘いものと同じく塩分も気になりますが、お祖父さんお祖母さんにムスメの食べっぷりを見て頂きたいところでもあるので、これまた旅先特別ルールです。
そしてその食べっぷりを見て、帰宅すると間もなく大量のきゅうりが送られて来るという…。

さて、多少移動疲れの見られるムスメですが、夏休みはまだまだこれから。
4歳の夏を存分に楽しめますように。



Secret