2017.08.31 発熱と防災食
8月も終わり。
長いようで短い、短いようでやはり長かった夏休みも終わりです。

明日から2学期、皆勤だった1学期のように元気いっぱい過ごせますように…と思っていたら月曜日から熱を出しているムスメです。


日曜日までは元気だったのですが。
公園や幼稚園でストライダーに乗るのは「飽きちゃった」けれど、お友だちの真似をして公道を走りたくなったそうです。
道交法的にはいかがなものか。

火曜日の夜、40.6℃まで上がった熱はその後下がり始め、37℃台に。
喉が痛くて飲み込みにくいと言うので受診すると、ヘルパンギーナとの診断でした。
今日は軽口をたたくまで回復したかに見えましたが、夕食は進まずまたもポーっと火照った顔をしています。

ヘルパンギーナは薬もなく、安静にしているしかないとのこと。
安静にって、幼児には最も難しいことですねえ。

発熱時の食事といえばお粥ですが、そういえば、と思い出して

防災食を一緒に食べてみました。

ムスメが生後数ヵ月の頃に準備したもの。
そろそろ賞味期限です。早いなあ。
お粥なら離乳食初期のムスメでも食べられるからと購入したのですが、食べてみると結構塩味きいています。
おかずがなくても食べられるようということなのか、保存性のためなのかは分かりませんが、いずれにせよ離乳食初期にはちょっと厳しかったかも。

ハンバーグはまだ食べていませんが、もう一点「さつまいものレモン煮」は美味しいとムスメが平らげました。
食べ慣れておくのも大事ですね。
明日は防災の日です。

ちなみに、新たに購入した防災食はアルファ米の白米、わかめご飯、きのこご飯などのセットと、同じく水で戻せるお餅にしました。(もちろん、長期保存水も。)
たんぱく質が少ないのが課題です。

最近のブーム。
紐を結べる(固結び)ようになったので、

いろんなものがはりつけにされたり、グルグル巻きにされたりしています。
蝶結びが出来るようになれば、これ程ぎょっとすることはないと思うのですが。
Secret