FC2ブログ
9月20日(日) 

何度か書きましたが、昨日までイスラーム暦ではラマザーン(断食)月でした。
敬虔なムスリムは日中は飲食はおろか、喫煙もしないのです。

そのため、喫茶店もレストランも休むところが多く、
開店していたとしても、出入口にはカーテンがかけられ、
お客もなんとなくこっそり入ります。

こっそり


断食を免除されている人たちなのか、不届き者なのかは不明です。

私たちも、昼食を食べる所が見つからずプチ断食をしていたのですが

イラニアンバーガー


今日はお昼にありつけました。イラン人も大好きハンバーガー。
中のハンバーグや野菜が、どことなくエスニックな香りです。

腹ごしらえもしたことですから、シーラーズ市内観光に出掛けましょう。

クルアーン門


旅人の安全を見守るというクルアーン門から市街を見下ろします。
こういう景色を見ると、遠い所へ来たものだとしみじみ思います。

この近くに眺めのいいチャイハネがあるというのですが見つかりません。
一軒あったカフェは眺めも良くないしチャイもないのですが、
水タバコがあったので、休むことにしました。

水たばこ


のりのりさん念願の水タバコ。なかなか、喫める店がありませんでした。


一息ついて再び市街地へ。

シャー・チェラーグ廟


シーア派の巡礼地であるシャー・チェラーグ廟。
内壁とドーム天井が鏡のモザイクでまるで万華鏡のように美しい、そうです。
残念ながら異教徒はモスク内に入れず未確認ですが。

中庭だけなら私たちも入れます。ただし、

チャードル姿


女子は貸してくれるチャードルを着なければなりません。
写真撮影も禁止ですが、外観や、ちらりと見える内装は確かに
とてもきれいでしたし、熱心なお参り姿に触れるだけでも
入った価値はありました。

再び歩きます。
バザールを通ってみましょう。

バザール


婚礼衣装屋さんでしょうか?

しかし、人気のあったのはわずかなお店で、どうもひっそりしています。
にぎやかなバザールだと、地球の歩き方には書いてあるのに、
まるでシャッター街。シーラーズって、さびれてる??

首を捻りながら、本日最後の観光スポットへ。

マスジェデ・ヴァキール


マスジェデ・ヴァキール。
「真珠のアーチ」と称される美しい門。特徴的な、低い尖塔。
さあ、中に・・・・・・。あら。でっかい鍵が、かかっています。

近くの土産物屋で聞いてみました。
「昨日でラマザンが終わったから、今日は祝日なんだ。明日おいで」

あれれー。
バザールは、寂れているのではなく、お休みなのです。
言われてみれば、クルアーン門でも、家族連れのピクニックが多かったし、
シャー・チェラーグ廟にも、大荷物で地方から来ているような人がいました。
いやいや、うっかりしていました。祝日とは。
ラマザン、終わっただけでは終わらない、私たちのラマザンでした。
Secret

TrackBackURL
→http://norinoritomotomo.blog50.fc2.com/tb.php/410-24d4c490