FC2ブログ
第30回記念鹿沼さつきマラソンに参加してきました。

鹿沼さつきマラソン

今回は、僕だけハーフ。
既にシーズンオフのともともは応援です。
(模擬店巡りを楽しみにしていたようです。)

舞台は、横浜から車で2時間半ほどの距離にある、栃木県鹿沼市。
我が故郷福島に負けないぐらいローカルな土地です。

到着時から、強い日差し。既に初夏の陽気。
日差しを避けるため、八重桜の下にシートを敷いて準備します。

八重桜

↑八重桜は満開 きれいだ

準備中

↑上半身裸でもオーライ。それだけ暑いのです。


軽くアップをして、早めにスタートラインに並びました。
冬の大会だと、このスタートラインの人込みが
温くてホッとするのですが・・・今日は暑くてなんだか汗臭い。

スタートライン

↑スタートライン


さて。
本日のレースプランは、100分切りあるのみ。

また、同じハーフに参加した会社の先輩K取引先メーカのM(大学の後輩)
圧倒的な差を付けてゴールし、良いシーズンオフを迎えることが野望でした。


ところが。

1km・2kmと予定通りのラップで通過したのですが。
このまま続けると、本当にやばいかも・・AED、救急車?
と思ってしまったのが良くなかった。弱気の虫。

0-5kmラップが、25分11秒
スタートロスを1分としても、激走には程遠い出来。

このレースは完全な折り返しコース。
9kmを過ぎたところで、トップ選手とすれ違いました。

5km-10kmがさらに悪く、25分06秒
完全に守りに入ってしまった。


そして、折り返し。
先輩Kと後輩Mが気になるので、目立つ側で走っていると、
面識が無い二人が、偶然にもほぼ同じ場所で走ってくるではないか。

大きな声で挨拶。
二人とも同時に気が付いたようだ。

折り返してから、2分というところ。
んー、まさか追いつかれないだろうけど。不安がよぎる。

そこで、がんばってペースアップしてみた。
GPS時計で4分40秒前後(100分の平均ラップ)で、計4km。
きつかった。
けど、出し切らなければ後悔するからと鼓舞し続けた。

10-15km、23分54秒
ハーフマラソンでは初の24分切り。やった!

けど最初から最後まで24分で走っても、
ハーフは100分切れないんだよなあ。
今回はたったの1/4。


最後は苦しみました。
つらくてペースダウンしたかったけど、
粘り強くレースを続けました。

ただこの区間で、きれいな格好をした女子3人にブチ抜かれされ。
そのスピードに付いていけず。無念。情けない。

15-20km、24分58秒


ライトスパートで、4分台前半なら自己記録更新でした。

しかし、最後の1kmはずっと・ずっと上り坂でして。
しかも、ゴールの競技場に入る直前は、急な急な上り坂。

最後の1.05km、5分31秒。 あー情けない。

ゴール1

↑アゴが上がっています(競技場内、ともとも撮影)

ゴール2

↑お尻が落ちちゃっています


結局、1月のたかねざわハーフの自己記録は切れませんでした。

無念。

100分切りは、今の僕にとって高すぎる目標でした。
まだまだ実力不足です。

あーあ、秋までにスピード強化を目標にやり直しです。
10kmを45分で走りきるスピードをつけたいですね。

それと、本番での精神的な弱さね。
何とかしなければ。

自分自身を追い込める強さ
マラソンにはこれが肝心であることを、この半年で学びました。



そういえば。

先輩K。
僕とすれ違ったのが運の尽きだったようです。
持ち前の負けん気で追いつこうとするも、結果オーバーペースで。
5分ほど遅れて、疲労困憊のゴールでした。

大学の後輩M。
僕から遅れること2分ほどでゴール。
さすが元中距離選手。
落ちないね。


鹿沼さつきマラソンは、噂どおり良い大会です。

コース沿道に住んでいる方々(老若男女)、
特におばあちゃんの応援が励みになりました。

給水所の人たちも、元気があって励まされた。

皆さんに感謝感謝です。


これにて、僕のマラソンシーズン'09-'10が無事終了です。



Secret

TrackBackURL
→http://norinoritomotomo.blog50.fc2.com/tb.php/621-b42a524e