FC2ブログ
福島の秘境、桧枝岐川でのイワナ祭りの記憶も新しいですが。

おとといのブログ

昨日の夜、仏国の渓流釣り師、S君と東京湾で釣りをしてきました。

場所は野島防波堤です。ご近所の野島から船で渡ります。

日中は暑いので、夜釣り(16:00~20:30)を選択。
野島防波堤での夜釣りは僕も初めてなので、事前から楽しみにしていました。

今年の6月に帰国したとき、S君を案内する予定だったのですが、あいにくの悪天候で中止しました。

ようやく、実現しました。

野島防波堤は、チヌ(黒鯛)釣りのメッカであります。現在ハイシーズン。
しかし、僕もS君もチヌはやらないので、他の釣りモノを検討。

横浜ラーメンを食べたあと、釣りショップで色々悩んだ結果、

①夕マズメは、ルアーでシーバス

②日が暮れたら、ルアーでメバルかカサゴ

③現在、アジが好調のようなので、ルアーでアジ

④念のため、青イソメを購入 ←ルアーマンとしては恥ずべき行為ではありますが・・

たった、約4時間しかないのに、このメニュー。二人とも欲張りすぎ。


16時、テンション高めのオジサンたちを乗せ、予定通り出港。

野島防波堤というのは総称で、複数の分断された防波堤があります。

今回は、釣り人が少ないことを期待し、新提を選択。

夜釣りの場合、提ごとの最小人数は3名(安全のため)ですが、昨日の新提はちょうど3名。
僕たち以外に、投げ釣り師(釣り場所を移動しない)が1名だけ。

よって、二人でやりたい放題でした。

ハイテンションS君
ハイテンションミー

↑ハイテンション

風もあり、満潮、潮色も良さそう、8cmぐらいのベイトもいるし。
いいんじゃない?

ということで、まずはシーバス用ルアーを四方にブン投げるも、異常なし。
ま、今回はシーバスばかりじゃないからネ。


一般的に、疑似餌師は本物の餌で釣る事をひどく嫌います。
僕もS君も例外なしです。
そのくせ、本物の餌でやれば釣れるに決まっている、と信じているのです。

今回は万策尽きた時のために、青イソメを持参しました。簡単な仕掛けとともに。

しかしながら。

開始から1時間もたたないのに、その最終兵器青イソメに手を伸ばしてしまった。

それが当たった。当たってしまった。

カサゴ祭りスタート!

↑S君良型カサゴゲット!

釣りモノもよく分からない初めての場所です。
S君の鋭い観察力と想像力が、結果を出しました。

この後も、S君は連続ヒットを続けます。

一方の僕も、ようやく1匹目をゲット。

遅れて僕も

↑ようやく僕もカサゴゲット!


あっという間に、こんなに釣れました。

あっという間に

↑カサゴ一家


18時を過ぎると、陽も暮れてきて夕マズメタイム。
空が高くなってきたなァ。

夕マズメ

↑何となく秋の気配

一応、シーバスを狙ってキャスティングを続けるも、ノーバイト。

僕たちの傷心を癒してくれるのは、青イソメ

再び、カサゴ釣りを始めると、他のゲストも姿を見せた。

メジナ?

↑メジナ?

カサゴの他には、メジナ、メバル、ソイ、キス、ふぐ、べら、が釣れました。

7目達成。青イソメ殿のおかげです。


小さなカサゴ以外は、お持ち帰りしました。

本日の釣果

↑本日の釣果(二人分)

自分の分は、自分で下処理をしてみました。

うろこをとって、えらと内臓を取り除いて・・・・
去年、サバの下処理をやってから、
この虐殺行為が僕にも出来るようになりました。

下処理後

↑うちの取り分


桧枝岐ではイワナ、東京湾ではカサゴと、僕たちには珍しく好釣果が続きました。

新しい場所で魚釣りをするのは、刺激的で楽しい事を、再発見しました。

フランスに釣りをしに行きたいナ。




Secret

TrackBackURL
→http://norinoritomotomo.blog50.fc2.com/tb.php/715-b47d0dde