FC2ブログ
カブト虫が、いません。

森に返そう、と決めたのは自分ですが、
つい飼育槽のあった場所に目をやってしまいます。
あー、寂しい。

あの上野千鶴子ですら、
『ひとりの午後に』
手乗り文鳥のピーコが死んだ時には、三日三晩泣き暮らし、
「どうしてペットが死んだときには忌引きがないのだろう、とまで思った」そうです。

帰宅してカブト虫が死んでいるのを発見なんてしたら、
その日はのりのりさんの晩御飯どころではなかったはず。
はー。

のりのりさんには「来年は貰ってきたらダメだかんな。」と言われました。

でもね、可愛いのですよ。
同じ甲虫類でもクワガタの方が長生きで、3、4年生きるのもザラだそうですが、
カブト虫の方が可愛いのですよ。
ちなみに、カナブンは触りたくない感じ。


来年は、1週間だけ、と決めて遊んでもらおう。
いや、1週間は短いな、2週間。
2週間したら、元気に動き回ってるうちに森に返そう。そうしよう。


「ところで、アレは返さへんの?」昨日、裏山に行く途中のりのりさんに聞きました。
卵
卵。7個くらいは入っているはず。

「幼虫になるまでウチに置いて、それから森に返す」のだそうな。
その時は、のりのりさん一人で行ってくださいねー。
Secret

TrackBackURL
→http://norinoritomotomo.blog50.fc2.com/tb.php/718-bd354014