FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行の最終目的地は、かの有名なインカ遺跡 Machu Picchu。

クスコからの移動はPERU RAILを利用しました。

クスコから直通便は一日に3本しかないので、事前に日本で予約しました。


が。



中間点のオリャンタイタンボ(Ollantaytambo)までは線路補修をやっているため、
バスでの代替輸送、だとか。

詳しくはPERU RAILのHPに書いてあります。


つまり、クスコ~マチュピチュまで通常3時間の鉄道の旅が、

 クスコ~オリャンタイタンボ :BUS 2時間

 クスコ~マチュピチュ :PERU RAIL 1.5時間

に変更になっている、というわけです。


代替バスはクスコ市街のワンチャック駅(Estacion Wanchaq)から出発します。

001



早寝・早起きの僕たちは、一番乗りしてしまった。
出発指定時刻は6時24分でしたが、ミニバスが満車になり次第出発します。

僕たちが乗った一番バスは、6時ちょうどに出発。


2時間弱で鉄道乗り換え駅のオリャンタイタンボ駅に到着。

003


鉄道発車までしばらく待つようなので、露店で朝食。
南米で好きになった、パサパサのパンにチーズ+目玉焼きをサンド。

006



同じビスタドーム号(Vistadome)に乗車する人が次々に到着します。
連休が始まったせいか、ハポンが多いねー。


定刻前に乗車。


いやな予感は的中し、4人がけボックス席の正面には、
7/3ヘアのおしゃべり好きな、年金生活ハポンが。


発車直後から、ビデオやら写真やらの撮影に忙しい様子。
落ち着かない。最悪。

当然話しかけられましたが、その後の責任が取れないので無視。


幸い、ビスタドーム号には頭上に大きな窓が付いています。
大部分の時間、上を向いて過ごす。


017 008

009 020



ウルバンバ川(Rio Urubamba)に沿って、そそり立つ岩肌は迫力満点です。

何となく、写真やテレビで見るマチュピチュの山に雰囲気が似ています。

途中、軽食が提供されますが、お上品なだけです。

ガイドさんは食べ足りないのか、こんなものを食べていました。

011

どん兵衛キツネうどん(正規品)

食べ方もお上手だこと。

スーペの匂いを嗅がせてもらいました。望郷。



目的地のマチュピチュ駅に着きました。

鉄道マニアじゃないですが、いちおう記念撮影。

023 025 029


装備もサービスも立派よねー、ビスタドーム。
ただし、お値段も立派です。



時刻は10時半。
遺跡見学は明日と決めていたので、特に予定が無い。

そこで、久しぶりに足を使って、宿探しをしてみることに。
せっかく2泊するので、高級なホテルでー、ではなく。

バックパッカーの原点に返り。

安宿を探す。


032


ハイシーズンじゃないのか、ホテルは空室だらけです。
看板に☆が付いていたり、ロビーがガラス張りだったりするとことは敬遠し。


安くさい宿をいくつも回り、部屋をみせてもらい、決めました。

その名も。

アンジーの宿(Anji's Hostal)


037

1泊、40ソル(1,300円)。


決め手はアンジーの笑顔と、とんちんかんな以下のやり取り。

 僕 クワント・クエスト?(いくらですか?)
 
 アンジー (指を差して)僕が20ソル、ともともが20ソル



 なんで、割り勘?


受付でのやり取りをみていると、アンジーには気の強い姉がいます。
どうやら、姉にこき使われているようです。

先程は、広場で客引きをしていました。(ネットCAFEから見えた)。

彼の写真を入手次第、アップします。

部屋からの眺めは、悪くないです。
渓流を流れる水の音と、地元子供の遊ぶ声、鳥の鳴き声。




ランチを食べようと辺りを徘徊しましたが、
マチュピチュは世界的観光地ですから、
二人でホテル1泊分(40ソル)以下のランチは皆無。


困り果てたとき、路地から懐かしい香りが。

045


屋台街を発見。

早速、人が食べている皿を覗き込んで、希望のお店を決定。

指を差して、ドス ポルファボール。

044

仔牛の煮込みライス。ムイビエーン。

食後のレモネードを追加し、お会計。クワント?


 10ソル(=320円)


お見事。屋台万歳。



マチュピチュの入場券、ペルー観光局(庁?)のHPだと、

 ネット予約→現地の銀行で入金

じゃないとダメ、みたいなことが書いてありましたが、
市内の窓口で普通に買えました。

041


世界的な遺跡ですから、お値段も世界的高値。

 1名 126ソル=4,000円

八景島シーパラダイスの水族館よりも高いです。むむ。

加えて、街から遺跡までのバスは往復$14。

つまり、遺跡見学には一人当たり5,300円もかかります。。。

・・・金の話はここまで。




友人お勧めのクスケーニャ(クスコのビール)の黒を飲みました。

048a

よく考えれば、この旅行初の飲酒。




明日は、いよいよマチュピチュ遺跡見学です。

早朝からワイナピチュに上ってくるでー。
 

Secret

TrackBackURL
→http://norinoritomotomo.blog50.fc2.com/tb.php/955-b419c851
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。