FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、読んでいます。
利休さん
『もしも利休があなたを招いたら』(角川書店/千宗屋)

著者の千宗屋さんは武者小路千家の若宗匠。
最近メディアにもよく出られています。
『茶 利休と今とをつなぐ』(新潮新書)も読みましたが、
今作の方が読みやすいというか、とっつきやすい気がします。

「千宗屋というと、新しいお茶をする人と思われがちだが、
自分はむしろ保守の王道だと思っている」という著者。

都内のマンションに茶室を作った話など、勿論とてもマネはできませんが、
保守の王道が考える「現代の茶のあり方」について、
なるほどなるほど、とうなずきながら読んでいます。

明日はお茶のお稽古日、待ち遠しくなりました。

ところで。
昨年のりのりさんが「鹿沼さつきマラソン」の参加賞でもらったさつきちゃん。
今年もうまく咲いてくれました。
さつき1

さつき2
鮮やか。
しばらく楽しませてくれそうです。
Secret

TrackBackURL
→http://norinoritomotomo.blog50.fc2.com/tb.php/977-d7aa4863
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。